バイナリーオプションで出た利益は所得になるので税金を支払う必要も

バイナリーオプションの取引をしていて、利益をあげられたとします。この場合利益は皆さんの所得という扱いになるので、所得税などの課税対象になります。所得税の申告をするためには、自営業者やフリーランスで仕事をしている人が毎年行っている確定申告をする必要があります。

 

バイナリーオプションによって得られた利益ですが、申告分離課税という扱いになります。聞きなれない言葉だと思いますが、サラリーマンをしている人は会社から受け取っている給料。自営業をしている人は売り上げと分離して、別枠扱いとして税申告することです。バイナリーオプションによって得られた所得ですが、税務上は雑所得という扱いで処理するのが一般的です。この雑所得には、覚えておきたいルールがあります。それは、年間の利益が20万円を超えない限りは税金を納める必要のないことです。つまりバイナリーオプションで利益をあげた人はすべて課税対象になるわけではありません。20万円以内の人は、確定申告をする必要もありません。おそらく小遣いを使ってちょっとバイナリーオプションに参加している程度であれば、20万円を超えるような儲けにはなかなかならないでしょう。

 

確定申告はサラリーマンの方は、会社で税務処理をしてしまうのでやったことのない人も多いでしょう。確定申告は、2月中旬から3月中旬にかけて、皆さんの住んでいる所を統括している税務署で手続きをしないといけません。ちなみに納税時期も同じなので、終わりの方に手続きをすると必要なお金をすぐに納税しないといけなくなります。

 

申告しないでもしばれてしまうと、追徴課税が命ぜられます。この場合、手続きをしたときよりも余計に税金を支払うことになりかねないので、きちんと申告をすべきです。

\取引を始めようと思っている人は要チェック!/

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券の特徴


>>公式サイトはこちらから<<