スプレッドを使って利益を出すGMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションというのは、一定の期間で当初設定されたレートよりも上に来るか下に来るかで取引をする資産運用法です。当たれば2倍になって、外れれば出した資金が損失になるというシステムです。ほかの投資法と比較すると、ルールが極めて単純明快な所が特徴といえるでしょう。しかしこのシステムをそのまま使ってしまうと、バイナリーオプションを提供している証券会社は儲けが出ない仕組みになってしまいます。そこで証券会社では、スプレッドというものを使っています。売値と買値に差額を設けることで、満期帰還時にこのスプレッドの中に価格が入ってしまうと投資をしたトレーダーのだれもが勝てなくなってしまうのです。

 

つまり証券会社の総取りになって利益が出るという仕組みなのです。ちなみにスプレッドですが、各証券会社によって、いろいろな呼び名で紹介されます。GMOクリック証券の外為オプション取引では、レンジという言葉を使っています。

 

GMOクリック証券のレンジを見てみると、大体‐0.003円から0.006円の間の所をレンジとして設けています。ですからバイナリーオプションで勝負をする時には、単純に価格が上か下かを考えるだけでは不十分となります。このスプレッドを超えるような価格差が生じるかどうかという所も見越して、取引をしていかないといけないわけです。

 

海外の証券会社を見てみると、このようなスプレッドを設けている所は少ないです。しかし海外の業者はもし的中したとしても、国内業者のように100%リターンはしません。70〜90%程度のリターン率になりますので、一長一短の所があるといえます。

\取引を始めようと思っている人は要チェック!/

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券の特徴


>>公式サイトはこちらから<<