GMOクリック証券とみんなのバイナリーはどこを重視するかで選べ

バイナリーオプションは、いくつかの証券会社でサービスを実施しています。みんなのバイナリーとGMOクリック証券を比較すると、購入のシステムに若干の違いがあります。

 

みんなの前での場合、購入可能時間によってチケット購入の価格が変わってくるシステムを採用しています。残り時間が少なくなれば少なくなるほど、当たる確率は高くなります。このため、購入価格はどんどん値上がりする仕組みになります。GMOクリック証券を見てみると、100円から最大で5万円まで購入できます。こちらは購入の締め切り時間が10分前と決まっています。このため、みんなのバイナリーのように購入するタイミングで価格が変動することはありません。ちなみにGMOクリック証券の場合、注文が的中すると購入価格の倍の払い戻しが受けられるという単純なシステムを導入しています。このため、どの程度のボリュームでベットしたかによって、払戻金額も変わってきます。

 

勝利できる確率を考えると、みんなのバイナリーの方が有利といえます。GMOクリック証券は10分前で購入打ち切りになってしまいますが、みんなのバイナリーの場合、終了ギリギリまでエントリーができるわけですから、初心者でも勝てる確率はかなり期待できます。しかしGMOクリック証券の場合、最大で5万円かけた場合には10万円のリターンが期待できます。みんなのバイナリーの場合一律で1000円の1レート当たりの払戻金と決まっているので、勝った時にはGMOクリック証券の方がリターンは大きいでしょう。どちらにもメリットデメリットがありますので、どちらを重視するかで決めるといいでしょう。

\取引を始めようと思っている人は要チェック!/

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券の特徴


>>公式サイトはこちらから<<