GMOクリック証券のバイナリーオプションの自主規制ルールが変更になりました

GMOクリック証券では、2013年から自主規制ルールの変更をしていますので、注意しましょう。インターネットのバイナリーオプションのサイトの中には、情報がアップデートされていないものもたくさんあります。このため、自主規制ルールの変更に関して、情報提供されていない可能性もあります。一般社団法人の金融先物取引業協会で、「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」という自主規制ルールが施行されたことが背景にあります。GMOクリック証券のバイナリーオプションのルールの変更内容をここで簡単に紹介します。

 

まず1回号当たりの取引時間が変更されます。変更前は10分でしたが、規制後は2時間以上と大きく変わりますので注意しないといけません。また権利行使価格の確定タイミングは従来注文受付終了時に確定していました。それが変更後は、注文受付開始前に確定するルールになります。

 

従来途中購入や転売は原則不可とされていましたが、変更後は取引時間の終了前までであれば可能になります。GMOクリック証券の外為オプションに関する知識チェックは、従来はありませんでした。しかし自主規制ルール変更後は、外為オプションの専用取引口座を開設するときに、オプションに関する知識チェックがあります。ある程度の勉強をしてからバイナリーオプションの取引に参加する必要があると思ってください。

 

このように自主規制ルールに対応するために、中には大幅に従来のルールから変更が加えられている所もあります。これからGMOクリック証券のバイナリーオプションに参加しようと思っているのであれば、ホームページなどで最新の情報を確認することです。

\取引を始めようと思っている人は要チェック!/

GMOクリック証券の特徴

GMOクリック証券の特徴


>>公式サイトはこちらから<<